JUKI家庭用ミシン・職業用ミシン・ロックミシンの通販【JUKI】

2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
定休日
2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
定休日
会員登録/修正
よくある質問 JUKI株式会社 Facebook
 
 

HZL-EX7



 

お客様の声手芸を生活の一部にしている私にとって、畳へりバッグ製作など、厚地の縫いには欠かせません!


Q:ソーイングを始めたきっかけは?
もともと母が銀座のデパートのオーダー服などを作っていたので、小さい頃から家に素敵な生地がたくさんありました。
大人になってハンドキルトを始め、ミシンキルト講師の認定を受けるのをきっかけにミシンを使い始めました。
今では短時間で出来て、厚地も縫えるミシンを使って作品を作っています。

Q:時田ミシンさんでミシンを買われた時の感想を教えてください
最初は海外メーカーの高級機を使っていましたが、本体や押えなどのパーツも比較的高価で、修理に出す時も大変でした。
JUKIのミシンは比較的お求めやすい価格ですし、F600、FQ65、と下取りを繰り返して使い続けています。EX7は厚地に強いとの時田ミシンさんの薦めもあって、2015年末から使っています。お店では新しい使い方も教えていただけますし、修理に出すときも安心感があります。

Q:どのようにソーイングを楽しんでいますか?
現在はバッグをメインで作っていて、雑誌や本にも掲載されています。自宅にある店舗「アトリエ・キルト・M」やminneで販売したり、セレクトショップなどに卸しています。
本になった畳へりバッグも7-8年前から作っています。畳のへりに使われる厚くて硬い素材なのですが、ミシンなら簡単にきれいに縫えます。年を取るにつれて目が見えにくくなったり手に力が入らなくなってきますが、ミシンで縫うならそんなことを気にせずに作品作りに没頭できます。

Q:EX7のどんな機能を使っていますか?

【かざり縫い】
EX7はかざり縫いもたくさんの種類が入っているので、最近はバッグの部分にかざり縫いを入れて仕上げています。バッグは直線で真っ直ぐ縫うことが多いんですが、生地によってはちょっと曲がって見えてしまうことがあります。そんな箇所でもかざり縫いを入れてあげると素敵になるし、真っ直ぐに見えないところもごまかしがきくというか(笑)。波のような模様の「かざり模様1 65番」をよく使います。

【厚地に強い】
バッグはしっかりした生地を使って仕立てるし、縫い代が重なってどんどん厚くなっていくので、とにかく厚物を縫えるミシンを求めていました。
EX7は厚地に強いところも気に入っています。この前に使っていたFQ65というミシンから、厚地に対してさらに進化したことが実感できます。FQ65も気に入ってずっと使っていたのですが、使っているうちに「あれ?」と思うことがあったんです。今思えば使いすぎだったのかも知れませんが(笑)、途中で厚地の部分の縫いに耐えられなくなってきてしまったんです。
EX7に替えてからは、より厚地の部分縫いや段差の乗り越えに強くなったような気がします。確実に1針1針縫ってくれるし、しかも縫うときの音も静かなんです。より良くなったのが実感できますね。

【フリーアーム】
職業用ミシンはパワフルだけれどフリーアームになりません。なのでフリーアームにできる一般的なタイプの厚物に強いミシンが欲しかったんです。
バッグの口を表から一周ぐるっと縫いたい時などに重宝しています。

【ファスナー押え】
持ち手のところは木のパーツを使ったりして高さがあるんですが、そこを避けて縫うのにファスナー押えがけっこう使えますね。

【ボタンによる押え上下】
EX7では手元のボタンで押えが上下できるのも気に入っています。

【ピボット機能】
ピボット機能も、厚地のちょっと直したい時に便利です。縫ってきてミシンを止めたときにちょっと生地の重なりを直してから縫いたいときに便利に使っています。普通のミシンでは止めると押えが下がったままですが、これは押えが自動で上がってくれるので、直線縫いの途中でも生地を揃え直すのに便利ですね。

※ピボット機能:
ミシンを止めたとき、針が下停止のまま押えを少し上げる設定ができます。
生地の角やカーブ部分の縫いに便利です。
再スタートしたときは押えが自動で下がりスムースに続けて縫えます。

【自動返し縫い糸切り】
生徒さんには自動返し縫い糸切りが好評です。まずは何も説明しないで私がやって見せるんですよ。機能をオンにしてから縫って行って、返し縫いボタンを押して、ってね。そうすれば返し縫いも糸切りもミシンが自動でやって、押えも上げてくれるんです。特に説明しなくても生徒さんは直感で分かってくれるようで、次からどんどん使いこなしてもらっています。

【ボタンホール】
母は、特にボタンホールがきれいに仕上がるのが気に入っています。以前は「ボタンの付いてない服なら作ってあげるわよ」と言っていたのが、今では「ボタン付きの服でもOKよ、いくつ付けようか?!」とオーダーを催促されるんですよ。ボタンホールがきれいに仕上がる、それだけでも手作りの楽しみの幅が広がるんですよね。

Q:ソーイングを始めようとしている方へメッセージをお願いします
最近、私の教室の生徒さんになった方で、60代後半まで手作りとは無縁の生活だったのに、突然「何でもいいから手作りしてみたい」と思われて、ミシンを衝動買いされた方がいらっしゃいます。手芸に触れたこともなくて、ミシンを何に使いたいかも分からなかったのに、ミシンを買えば何か出来るだろうと思われたんですって。その情熱を持って手作りを教えてくれる先生を探しに来られて、私のお店に来てくださったんです。
それからは短期間で上達されて、本当にびっくりするくらいです。月に2回がベースの教室にも月に4回来られています。こんなに情熱が持てるって素晴らしいなと、手作りの喜びを分けてあげられるのが幸せに感じています。本当に幸せそうな生徒さんを見て、出会いや縁って大切なんだなと改めて思っています。

 

■EX7のご購入に関するお問い合わせはお近くの特約店へお願い致します。
http://www.juki.co.jp/household_ja/shop/index.html


■HZL-EX7のミシン部品はこちらからご購入いただけます。
http://www.jukistore.com/shopbrand/ct144


≪お客様プロフィール≫
お名前: 戸田みどり様
お住まい: 千葉県四街道市
年齢: 50代

ページトップへ